2022年08月02日

ローンの申し込みは、本人が行った方がいいのか、信頼できるローンブローカーを半分の労力で見つける方法

ローンの申し込みは、本人が行った方がいいのか、信頼できるローンブローカーを半分の労力で見つける方法

市場には、融資のビジネスプロセスを実践しないが、借り手が信頼できる貸し手から融資を受けるための支援を提供し、顧客のために開発した融資計画スキームに応じて割増料金を得るローンブローカーが多数存在する。


そこで、疑問を持つパートナーも多いでしょう、お金はローンブローカーが貸しているわけではないのに、なぜ金利を取られるのでしょうか? ただ、中には「ローンブローカーなんて必要ない、直接金融機関に行け開曼群島註冊ばいいし、節約にもなる」という方もいらっしゃるかもしれません。 そこで今日は、ローンの申し込みは本人が行った方がいいのか、それとも代理店を探した方がいいのか、についてお話します。


実はローンブローカーは不動産屋と同じで、不動産屋を通さずに家を買うこともできますが、相場を知らないため、結果的に家を買うのに時間と手間がかかり、かえって高くつくと私は考えています財務公司貸款。 ローンエージェントが金融機関に受け入れられている最大の理由は、その効果が侮れないからです。 最近は、銀行と銀行の潜在顧客の奪い合いが激しくなっていることと相まって、代理店は銀行に多くの顧客を紹介でき、銀行の銀行審査担当者の業務負担を軽減できるため、銀行も安定した融資先と仲良くすることを好むのである。 融資の仲介には次のような利点がある。


1.融資の仲介者が、より幅広い融資の選択肢を把握すること


一般の人がローンを組む場合、特に初めての場合は、どのような金融業者が市場に出ていて、どの組織が自分にとって最適なのかがわかりません。 多くの人は、貸金業者の広告を見たり、親戚や友人から詳しく紹介されたりして、1〜2件の貸金業者を探し、申し込むことになります。 時には、1社や2社の貸金業者に当たって不発に終わった後、「どのローンも同じだ」と思ってあきらめたり、別の高利貸しに乗り換えたりすることもあるようです。


現実には、販売市場には銀行をはじめ多くの金融機関があり、それぞれで申し込みの敷居が異なります。 しかし、市場には多くの金融機関があり、借り手が一社ずつ間違えようとするのは非現実的なことです。


一方、ローンブローカーは、ローン市場の把握においてはるかにプロフェッショナルであり、地元の金融機関についてかなり詳しく、多くのローンオプションを把握しています。 そのため、借り手の実際の条件に基づいて、適切なアプローチと価値ある提案を行い、借り手に適したローン商品を見つけることができるのです。 これにより、借り手の選択の幅がさらに広がるため、より良いものを選び、借り手に最適な貸し手とのマッチングを図ることができます。


2.ローン仲介者がローン市場をよりよく理解していること


実際のところ、ローンを知っているお客様は基本的に「ローン」という言葉に留まっていることが多いのですが、銀行の商品にはいろいろあることを知らず、多くのローン商品は現在ではより均質化していますが、実際には各貸付機関の方針、要件、母集団のために非常に異なっているのです。 金融機関が違えば、あるいは同じ銀行の別の支店であっても、同じ商品でも、期限、限度額、金利、さらには審査レートが異なる可能性があります。


借り手が市場の動向をよく知らず、盲目的に動向に従って申し込めば、より多くの道を踏み外すか、より多くのコストを支払うことになり、融資の承認率はずっと低くなる。 一方、ローンブローカーは、ローン市場のより専門的な把握を持って、彼らは長期的に様々な貸し手と協力して、基本的に独自の "データベースシステム "を持って、各貸主が必要とするもの、どのくらい貸すことができる、幾何学のグラフィックの成功率は、それがどのくらいのコスト、ローンブローカは基本的にすべてを知って、唯一の借り手の情報を持っている必要があります。 ローンと商品をすばやくマッチングさせることができ、安心・便利・お得をサポートします。


3.応募方法と応募のコツを理解する


特に銀行系のローンであれば、融資の主旨や申込書の記入、資料の準備など、審査に厳しい条件があるため、すぐに申し込めるものではありません。 借り手が貸金業者の審査基準や参入基準を理解していないと、素直に申込書を記入して資料を提出しても審査に通らない可能性があります。


記入した内容に誤りがあり、審査に支障がある場合、銀行員がすぐに教えてくれることはなかなかない。 しかし、ローンブローカーは融資の手続きにも長けており、よくあるトラブルや仕事の経験談を遠慮なく教えてくれます。 借り手に問題があっても、よほど深刻でない限り、ローンブローカーは借り手の条件を銀行の要求に合わせる手段を持っているので、きちんとクライアントをパッケージングすることができるのです。 そして、銀行の人脈を利用して、借り手が問題なく融資を受けられるような駆け引きをすることもできるのです。


4.ローンブローカーは融資の効率化を図ることができる


もし借り手がローンのステップをよく知らないで、自分でローンを申し込むと、原材料が一致せず、何回も繰り返し提出しなければならず、行ったり来たりして多くの時間とエネルギーを消費するなど、さまざまな不都合があることが分かるだろう


ローンブローカーがいれば、状況はかなり改善されるかもしれません。 重要なのは、融資仲介者が融資に必要な資料や手続きをよく把握していることで、借り手が一度に準備できるようにし、原材料も一度に提出することで、何度も資料を補充する必要がないようにします。


同じで、ローン仲介会社のサービスレベルの良し悪しは、信頼できるローン仲介チームの中で混合より怪しげな仲介は、すべてのローン仲介フィールド負のニュースレポートが発生しました多くの。 以下の点に注意する必要があります。


1、信頼できるローン仲介業者が大きい


非正規の融資仲介業者は、融資仲介業者という名前を叫んで紹介料をごまかす小さな会社もあります。 ビジネスの処理では、借り手が検査のために会社を訪問することができ、それはまた、金融機関の営業許可、登録資本金、作業環境、これらを調べることによって、会社が最も直感的な反射ではありませんが、これらの要因は、ローン会社が信頼できないことを考慮するためのすべての重要な基礎である。


2、正式なローン仲介の協力チャンネル


信頼性の高いローンの仲介だけでなく、平安銀行、中国招商銀行、農業銀行、建設銀行と他の銀行と、多くの融資機関は、さまざまな顧客の融資要件を満たすために協力的な関係であるなど。 しかし、無節操な融資仲介、しばしば唯一のオンライン融資プラットフォームと他のローンの金利が高い融資プラットフォームの協力と。


3、信頼できるローンの仲介者は、手数料の明確なレートを持っている


昨今、街角や電柱のインターネット上に、IDカードローン、無担保、何もこれらの偽の広告を融資することはできませんが、多くの広告があります。 不法融資の仲介者は、接触を確立するために借り手を引き付けるために偽の頭のタイプにある、借り手のための様々な言い訳は、事前の融資金利など、最初に支払うことになり、これらの預金、さらにはローン契約プラス潜在的な規定の多くを持って、それは、紹介料が減少し、実際には、これらの仲介手数料は潜在的な貸付金利に含まれていると思われます。 順番に、信頼できるローン代理店は、顧客との仲介サービス契約を締結し、明示的に手数料の率を規定し、そこにリンクの処理で手数料の最初の交渉はありません突然状況の "価格 "です。


4、信頼性の高いローンブローカーは、お金が紹介料を請求した後にのみ


通常の仲介業者は、顧客の融資申し込みが下りてから手数料を徴収し、失敗すればリスク分を自ら負担し、顧客からは1円も徴収しない。


専門的なことを行うために専門家を見つける、リソースの統合の時代に、借り入れのための金融仲介自体を見つけることは、効率を向上させるためのパフォーマンスです。 必ず正式な仲介サービスを選んでください Oh!


Related article reading:


小額貸、私借、銀行貸款那類貸款適合自己?


辦理個人貸款時,我們應該注意什么?


مردم بیشتر و بیشتر دارن خونه خریدن. باید به چی توجه کنیم؟




同じカテゴリー(綜合)の記事画像
ローンについて知っていることは?
モバイルクレジットカード決済の裏側を理解する
オンライン決済の際に注意すべきセキュリティ上の問題点
子どもは一人一人の花
SEOとは何か?SEO最適化手法の共通化
これらのスキンケア製品は、本当にあなたのためになるのでしょうか?
同じカテゴリー(綜合)の記事
 ローンについて知っていることは? (2022-08-19 19:17)
 モバイルクレジットカード決済の裏側を理解する (2022-08-09 15:41)
 オンライン決済の際に注意すべきセキュリティ上の問題点 (2022-08-02 13:10)
 子どもは一人一人の花 (2022-07-25 16:38)
 SEOとは何か?SEO最適化手法の共通化 (2022-07-18 19:30)
 これらのスキンケア製品は、本当にあなたのためになるのでしょうか? (2022-07-11 19:14)

上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。