2022年07月18日

コレステロールを下げるために何を食べたらいいか

コレステロールを下げるために何を食べたらいいか

コレステロールは中高年の健康につながると思っている若降膽固醇食物い人が多いようですが、そうではありません。実は、食事と密接な関係があるのです。では、どんな食べ物がコレステロールを下げるのでしょうか?コレステロールは、体にとってなくてはならない栄養素です。体にとって不可欠な存在であるだけでなく、多くの重要な物質を合成するための原料でもあるのです。しかし、長期にわたるコレステロールの過剰摂取は、血清コレステロール値を上昇させ、心血管疾患のリスクを高め、脂肪肝の素因となるなど、健康に悪影響を及ぼす。

コレステロールを下げる食品

サーモン:肉を食べたいときは、魚に置き換えるのがおすすめです。 降膽固醇食物魚に含まれる脂肪酸は心臓に良いとされています。 例えば、脂肪酸は血圧や中性脂肪を下げ、脳卒中も予防することができます。 コレステロールだけで言えば、脂肪酸は血中の善玉コレステロールを増やす効果があります。

ブドウ:ブドウ、ブドウジュース、ワインはすべてレスベラトロールと呼ばれ降膽固醇食物る物質として含まれており、コレステロールと同様に下げることができる私たちの天然有効成分の1つです。 動物で行った実験では、コレステロールを下げたり、血小板の凝集を抑制したりすることが分かっているので、ブドウは高脂血症の人にとって、食品会社のベストチョイスのひとつと言えるでしょう。

りんご:りんごはペクチンや多くのビタミンを豊富に含み、血中脂質を下げるのに非常に良い効果をもたらします。1日1個のりんごを1ヶ月間食べ続けると、血液中のLDLコレステロールが減り、循環器系によいHDLコレステロールが増えます。

オートミール:オートミールには、コレステロールの生成と吸収を妨げる水溶性食物繊維である「β-グルカン」という栄養素が豊富に含まれています。 毎日適量のオートミールを食べることで、コレステロール値を16%下げることができるという研究結果が出ています。

アーモンドは、喉の渇きを癒し、肺を潤し、喘息を鎮める効果があることが分かっています。 アーモンドには、抗酸化作用や美肌効果のある一価不飽和脂肪酸やビタミンEが豊富に含まれていることが、現代の研究によって証明されています。 コレステロール値が正常またはやや高い人は、血中コレステロールを下げ、心臓の健康を保つために、栄養価の低い食品の代わりにアーモンドを食事に使用することができます。

注目の記事:

体内の毒素を排出し、コレステロールを下げるために、何を食べていますか? この5つの食品と4つのレシピが一番効く!

真のコレステロールキラーを発見! 医師からのアドバイス:3つの食品を規則正しく食べれば、3高に一歩近づける

女性は早く老化したくない、もっと食べて、腸や胃を改善し、美白効果やコレステロールを低下させる効果がある




同じカテゴリー( 一般 )の記事画像
トランス脂肪酸は体に悪いのか? 心臓血管の健康のために、忘れずに距離を置く
SEOのウェブサイトコンテンツページの最適化の方法とは?
ホテルで眠るより快適な寝室に変えるべき6つのポイント。 寝つきが悪い人は試してみてもいいかもしれません。
同じカテゴリー( 一般 )の記事
 トランス脂肪酸は体に悪いのか? 心臓血管の健康のために、忘れずに距離を置く (2022-07-25 11:42)
 SEOのウェブサイトコンテンツページの最適化の方法とは? (2022-07-04 11:02)
 ホテルで眠るより快適な寝室に変えるべき6つのポイント。 寝つきが悪い人は試してみてもいいかもしれません。 (2022-06-27 12:07)

上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。